チサ設定資料集



まーくん家としては、ここに書かれている内容が
公式設定となります。
オン、小説などでのイメージの参考にしてみてください。

本来のPSOの世界観とかけ離れてるかも。(汗)


Chisa(カバンダVer)Chisa(フォマールVer)

↑写真をクリックすると…?

(C) SONICTEAM / SEGA, 2000, 2002.

*PERSONALITY*

・2月22日に製作された。
・コードネームはC’。(もっとも、その名前は彼女は捨てている)
・通称、ちーちゃん。
・女性的思考を持つ、喋ることが可能な一風変わったマグ。
・趣味:昼寝をすること。おにーさんと遊ぶこと。
・性格:元気で明るく、いつも物事を前向きに考える頑張り屋。
    お手伝い好きである。
・好きなもの:トリフルイド。ケーキ。ネコ。お手伝い。
・嫌いなもの:自分を作った博士。おにーさんをいじめる人。

・ひょんなことからマサヒロと行動を共にするようになったマグ。
・お酒にかなり強く、ハイペースで飲んでもけろりとしている。
・実は頭の回転が速く、数に強いので暇なときは家計簿をつけている。
 その家計簿は赤字ばかりで有名なので、赤の家計簿と言われている。
・ネコっぽい喋り方をする。行動もどこかネコっぽい。

○カバンダVerのデータ
・彼女の体の構造は(特にAI機構)ブラックボックス化しており、調べても
 脳波に似た波形が検出されるだけである。

・マグを研究するイヴォル博士に作られたが、喋るだけのマグは要らないと
 ばかりに坑道のすみっこへ捨て猫同然のように捨てられた。
・ある装置を使うことで、人間(フォマVer)に変身することができる。
・マサヒロの発する闘気を自らの中に取り込み、フォトンエネルギーに
 変換して、パイラ、エストラ、奥義『百花斉放』を放つ。
・抱きしめると人間と同じくらいの体温を感じることができる。

○フォマールVerのデータ
・推定年齢16歳。
・チャレンジシミュレータに挑戦するために、ちーちゃんが変身した姿。
 フォトンの力を利用して、
 一時的に有機体に限りなく近い体を作り出している。
 しかし、その体を維持することはマグとしての彼女に甚大な負担をかける。
・人間の姿をしているが、性格等精神的な部分ではマグのときと
 全く変わらない。
・ピコハンでのツッコミを得意とする(?)
・お手伝いする気持ちが昇華し、無双流木の仁奥義『百花斉放』を
 使えるようになった。

*必殺技集*

○無双流木の仁奥義『百花斉放』

(C) SEGA / SONICTEAM, 2000,2002.
お手伝い好きのちーちゃんが、マサヒロに心が持つ力を使う技を伝授して
もらったという基礎を元に、チャレンジ中に目覚めた無双流木の仁の奥義。

自分の中にある精神力を、味方に注ぐことで味方の実力を開花させる。
他の誰かがいることで、発動できる援護のための奥義。

しかし、本来AIであるため精神力を持たないはずの彼女が
精神の力を媒体とする大技を使っている。
この矛盾の中に、彼女に秘められる謎を解く鍵があるのかもしれない。

○オマケ

(C) SONICTEAM / SEGA, 2000, 2002.
ちーちゃんの強さを表した一枚(?)



このページで使用されている画像は(株)ソニックチームの許諾を得て、
ニンテンドーゲームキューブ用ゲーム「ファンタシースターオンラインエピソード1&2」より
キャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています。