カズサ設定資料集



キャラ固有の専用設定になります。
オン、小説などでのイメージの参考にしてみてください。

本来のPSO2の世界観とかけ離れてマス(汗)


「流浪の鳳雛」
カズサ・クリュウ
氏  名:カズサ・クリュウ
守護霊神:鳳凰


流 派 名:無双流火の仁(免許皆伝)
体  術:古武道(合気道+古流空手)
武 器 術:棒術(合気杖法)
特記事項:踊姫真言術という経文運用により、法撃関係の力を高めることが出来る。

身  長:172cm
体  重:64kg
出 身 地:未来のラグオル(カワムコウ・ビレッジ)
誕 生 日:10月18日
血 液 型:A
アイタイプ:ダークブラウン
好きな食べ物:バーベキュー(肉・魚・野菜問わず焼きものが好き)・レモンスカッシュ
嫌いなもの:パズル(ジグソーパズルは特に嫌い)
趣  味:一人旅・野外キャンプ
得意なスポーツ:登山・フリークライミング。
大切なもの:母よりもらった専用チューンのマグ『タマキ』・シキナの夢
年  齢:20(EP4開始時)

性  格:のらりくらりとしていて常に穏やかで丁寧な口調。
     天然ボケかと思いきや、計算してボケていることもある。
     倒されるとテンションが上がり、
     口調こそクールだが、烈火のように燃えあがる。

プロフィール:
マサヒロとチサの間に生まれた第2子。
出産までに大変な苦労をしたチヒロの時の分まで、
安産で元気よく生まれてきたという。

元気過剰な姉に引きずり回されて泣かされては、
母親に甘えていたせいか、
どちらかというと父親よりも母親にべったりで、
無双流継承者としての初歩は、母から学び、
やがて母の技や術を自分の技として取り込む。

活発な姉の反動か、物静かな子だったが、
13歳の頃より、積極的外で学ぶことを好むようになる。
このころから放浪癖が付きはじめたが、
先入観に捉われず、誰からの教えでも素直に受けるスタンスは、
心の修行を必要とする無双流の会得をスムーズなものにした。
カズサは、15歳の時点で母より免許皆伝を与えられる。
(チヒロは16歳)
免許皆伝を得た当時は、同じ免許皆伝でも
チヒロとは実力で大きく水をあけられていた。

ミマヤ村のシキナという女性との出会いを通して、真言術を学び、
基本的な炎術の技を飛躍的に伸ばすことに成功。
シキナは、カズサの第二の師匠とも言うべき、大切な人物になった。
だが、そのシキナは生業である薬師の利権を狙う悪徳商人の罠により謀殺され、
激しい怒りに囚われたカズサは、その一味を爆炎の技で焼き殺す。
その瞬間が、皮肉にも武道家カズサ・クリュウが奥義に目覚めた瞬間でもあった。
奥義『光焔万丈』
それは、声にならないカズサの魂の慟哭がカギとなり生まれた。

カズサの悪徳商人の一味を残らず虐殺した罪は、
真に客観的な判断であれば、過剰防衛として判断されるところ、
シキナの守ろうとしたミマヤ村の村長以下村人たちの支持により
不問として赦されてはいる。
しかしながら、明確に殺意に任せ人の命を屠った自らの行為を罪とし
以来、自らの罪を洗い流す諸国行脚修行する傍ら、
シキナの夢(ミマヤ村の風土病の特効薬の真の完成)を、引きずっている。

武道家としてのカズサは、自ら積極的に攻めることをせずに
相手の攻撃を合気で受け流し、作った隙に
古流空手の重打撃を加えるというものである。
「飛んで火に入る夏の虫」といった形を最上の形とする。
相手に攻められない限り、本領を発揮できないスタイルのため
防戦に本分があり、相手の殺気を取り込むことを極意とする
合気による攻撃の受け流し方は、超一流。
危険回避については、抜群の才能がある。
生来のタフさも相まって、倒されても倒されても立ち上がってくる。
さらに、倒されるたびに高まる精神力に比例し、
纏う炎や攻撃力も強くなっていく。

また、旅に使っている杖を使い、合気道の中のひとつである
合気杖法という杖による武芸を心得ている。

袴姿でいることが多く、そうでなくてもゆったりとしたボトムを好む。
これは、合気道の根幹である膝の動きを相手にわかりにくくするという基本に基づいている。

小荷物を背負い旅をする姿は、時代劇の風来坊のようである。

専用マグ(ハイブリッドパートーナーマシナリー)のタマキとは
幼馴染のように、よき話し相手、相談相手としてセットで動いているが、
マサヒロとチサの関係とは違い、ドライな戦友のような状態である。
‡ 必殺技集 ‡

○「フェニックス・ブリット」


火の玉を放つ「フェニックス・フィスト」を戦闘向けにさらに改良した一応の完成版。
大型の火炎弾を相手に放つ。直撃でなければ一定の貫通性があり、
トドメからけん制まで幅広く使える。

○「フェニックス・レイヴ(改)」



水の仁の乱打系連続攻撃を、火の仁に焼きなおした必殺技。
炎を纏った姿で間合いをつめ、目標に火炎撃を浴びせる。
元はフェニックス・フラップの間隙にトドメを取りに行く連撃であったが
打撃部分を火炎撃にアレンジ。
徹底した火力攻撃で押し切る技になっている。

○「フェニックス・フラップ」

カズサの炎の技の得意技にして、中心を担う重要な必殺技。
一定の目標に向けて瞬間的に火気を集めて炸裂させ、
強烈な熱風で敵を焼き吹き飛ばす。
チサが得意としていた技をカズサがさらに洗練させており、
速射、連射、火力、扱いやすさのすべてを高次元でクリアする。
別名:鳳凰烈閃翔

○「火の仁戦技 炎華天舞陣」

炎を周囲に壁のように巡らせて近づく者に熱傷を負わせるカズサが独学で編み出した技。
領域内に踏み込むものは容赦なく炎が襲う。
受け身重視のカズサとしては、ここから反撃の糸口をつかんでいくことが多い。

○「火の仁戦技 炎華地彩陣」

空中に炎を配置する天舞陣に対して、文字通り地を彩るがごとく地上に炎を這わせて
領域を巻き込む技。
地に足が着いているからというわけではないだろうが、
熱量が集中しやすく、直撃させると他よりも高火力である。

○「火の仁戦技 炎華鳳降弾」

上空から巨大な爆弾とも取れる火の玉を降らせて広範囲を焼き尽くす大技。
戦技(通常技)レベルでは、最大火力を誇る分、火の玉の練成にやや時間がかかる弱点がある。
しかしながら、直撃の威力は凄まじいものになり、雑兵程度は消し飛ばす。
鳳凰そのものが急降下してきたような印象すら与える技である。

○「火の仁奥義 光焔万丈(炸裂)」


得意技であるフェニックス・フラップの火気集中のプロセスを、一点の空間に重ねがけしていき
火炎の熱量をあげて光の爆炎にまで練成してから炸裂させる。
一撃の破壊力は比べ物にならないが、特殊な重ね詠唱術のため発動に時間がかかる弱点がある。

○「火の仁奥義 光焔万丈(放射)」



原理は同じで炎を光まで練成するのだが、練成の仕組みを変形させており
自分の手の中に二種の練成を行ってから合成させ、炸裂した光熱エネルギーを
一方向に放出するようにコントロールすることで、熱線として撃ち出すようにした。
現段階で、カズサが放てる技としては最大の攻撃力を誇り、
火の仁最大の奥義の名に恥じない決戦技となっている。